エステティシャンの求人でブライダルサロン等の活躍できる場所について

サロンといった独立している店の場合

エステティシャンの大部分は、サロンもしくはリラクゼーションサロンの求人に応募して実際に就業しています。具体的には、美容系統の企業がマネージメントするチェーン店から、個人運営のサロンまで店舗のスケールはいろいろです。大手のケースになると、会社そのものが倒産する心配はあまり見られませんが、営業に注力している法人も多く、ノルマが課せられていたり、或いはビラ配りもある程度実行しなければなりません。その一方、個人運営の場合、経営者によって方針や器機組み込みが決まることから、会社の経営者と考え方が合っていないと継続することが困難を伴います。いずれのケースでも、いろいろな客と関わりを持つことになることから、たくさんの指名客を付ければ、独立した場合に助けとなってきます。

旅館やブライダルサロンといった施設で働く場合

ホテルもしくは旅館などにエステコーナーを併設したり、或いはブライダルを専門としているサロンなど、所定の客をケアする場で業務につくエステティシャンの求人募集も少なくありません。ホテルの求人のケースでは、自分の会社にエステ部門をセッティングしおり、どちらかと言うなら大手のサロンを運営管理する会社がテナントで入っているケースが多いといえます。このような施設で業務につく場合、独立している店舗で取り組むような痩身コースといった定期的な施術でなく、1回限りのリラクゼーションを考慮したケアのニーズが高いことが特色になります。また、ブライダル関連であれば、痩身だけでなく全身の手入れも重要になります。ブライダルに特化したテクニックが必要になります。

自分自身でサロンを開業することも可能

長期にわたって専門家として経験を積み重ねると、テクニックやノウハウを売りに、自分自身でサロンを開業する方もいます。そして、マンションや持ち家の一室を改造するなど、ベッドだけ置けば開業が可能といえます。また、資金のやり繰りといった問題点が克服することができれば、相対的に開業に対してのハードルは低いといえます。しかしながら、乱立しているサロンで信頼性と成果を勝ち取ることは困難といえ、現実に借金を抱え廃業する人もかなりいます。しかしながら、軌道に乗せられれば大きく稼ぐことができますし、とにかく自分自身のテンポでやりたいケアを行うことができます。自分自身のサロンの店を持つことを目的としている人もたくさんいます。

記事一覧